「介護保険タクシー」とは?「介護タクシー」との違いは?

介護タクシー

介護保険タクシーの条件

タクシーの種類の一つとして、介護保険タクシーというものがあるのをご存知でしょうか。
ここではこの介護保険タクシーというものについて具体的に紹介します。
介護保険タクシーは、一言で言うのであれば「介護保険」を利用することができるタクシーのことを指しています。
それでは、介護保険タクシーの条件としてはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

介護保険タクシーは、介護保険法における要介護認定を受けている人でなければ利用できないという仕組みとなっています。
要介護であれば1から5、どの段階であっても介護保険タクシーの使用をすることができます。

さらに、介護保険タクシーの利用については、行き先にも幾つかの条件があります。
まずは「病院・診療所」などへの移動の際が上げられます。
さらに、役所や銀行などの公的機関、介護サービスのために必要となる施設、そして最後に「選挙」もその行き先の一つとなります。
ようするに「必要性が高い行き先」でなけれは介護保険タクシーを利用することができない仕組みとなっているということです。

では、実際に介護保険タクシーを使用したい場合には、どのように利用すれば良いのでしょうか。
介護保険タクシーを利用したい場合には、介護認定が行われている方の担当をしているケアマネージャーに相談をして利用することになります。
このケアマネージャによってケアプランが作られ、それに合わせて介護保険タクシーが利用できるようになる仕組みとなっています。

介護保険タクシーは、単純に移動のために利用できるだけのタクシーではありません。
例えば起き上がり1人出歩くことが難しいという人が利用する場合であれば、家でそのサポートを行う所からが介護保険タクシーの業務となります。
着替えなどのサポートも行うなど、介護要素が強いのが介護保険タクシーの特徴です。

介護タクシーとの違いは?

介護保険タクシーと似ているタクシーの種類として、介護タクシーというものもあります。
それでは、介護保険タクシーと介護タクシーとでは、どのような点に於いて違いがあるのでしょうか。

まずは、利用できる人についての違いがあります。
介護保険タクシーは前述の通り要介護認定を受けている人でなければ利用ができませんでしたが、介護タクシーについては要介護認定者だけではなく、要支援認定者も使用できるようになっています。
また、それ以外の四肢不自由の方や、視覚障害者などの方も利用できるようになっており、自分一人では公共交通機関を利用できない人すべてが利用できるタイプのタクシーです。

更に、行き先の制限についても違いがあります。
介護保険タクシーの場合と違い、介護タクシーでは行き先の制限が存在していません。

介護タクシーを利用する場合は、ケアマネージャーを通して申し込みを行う必要はなく、通常のタクシーと同じように電話予約を行って配車をしてもらうことが可能です。
介護保険タクシーの場合と違って利用料金には介護保険が適用されないようになっているため、料金としては少々高めになります。