未経験でもタクシードライバーになれる?

面接

未経験からタクシードライバーに

タクシードライバーに転職をしたいと思っている場合、やはり気になるのは「ドライバー未経験者でもタクシードライバーになることができるのか?」という点ではないでしょうか。
この点については、まずは資格による条件があるため、その点から考える必要があります。
タクシードライバーとして仕事をするためには、普通自動車第二種運転免許を所有指定必要があります。

では、第二種運転免許を取得してから転職活動を行わなければならないのか?というと実は必ずしもそうではありません。
タクシー会社によっては第二種運転免許の取得についての研修を行ってくれたり、その費用を負担してくれる仕組みを用意している場合があります。
未経験でタクシードライバーに転職したいと思っている場合には、こういったシステムを用意している会社を利用するとその後の対応が行いやすくなるため便利でしょう。

ただし、第二種運転免許の取得のためには第一種運転免許で3年以上運転を行っていることが必要となります。
そのため、最低限第一種運転免許を所有しており、取得から3年以上経過していることが就職の条件となっている会社が多いことについては注意をしておく必要があるでしょう。

新人研修や地理試験

また、免許の取得とは別に、タクシードライバーとしての業務に関してしっかりとした新人研修の制度をもっているタクシー会社を選んで利用することも重要になります。
タクシードライバーの仕事はそこまで複雑な業務が必要となるものではありませんが、給与が歩合制であることもあり、効率よく仕事をできなければ収入的な問題が発生してしまうことも少なくありません。
そうならないためにサポートをしてくれるタクシー会社が未経験者の転職先としては適切ということになるでしょう。

実際にタクシー会社に就職し、タクシードライバーとして活動することになる際には、その前に「地理試験」というものが行われることになります。
地理試験というのは、運行を行う地域における地理をどの程度把握しているのかについての試験となります。
会社によってはこの地理試験に対する対策についても教えてもらえるようになっており、しっかり仕事ができるような環境が整備されている場合もあります。

このように、未経験であってもタクシードライバーになることは決して難しい道というわけではありません。
研修制度がしっかりと用意されている会社であれば、手厚いサポートの中でタクシードライバーとしての業務を始められるように支えてもらうことができるでしょう。