タクシードライバーのやりがい

タクシードライバー

多くの出会いが魅力

それでは次に、タクシードライバーとして仕事をする場合の魅力ややりがいとなる部分がどのようなものなのかについて紹介します。
実際にタクシードライバーに対して興味がある人からも以下のような質問が見られるため、その内容について知っておくと職業選択の際に便利でしょう。
>>タクシー運転手てやりがいありますか? – やった分、給料という形でしっかりと… – Yahoo!知恵袋

タクシードライバーの魅力として、最初に紹介するのは「出逢いが多い」ということです。
勿論タクシードライバーと、タクシーの利用者という関係ではありますが、タクシードライバーとして仕事をしているとともかく多くの人と接することになります。
中には普段の自分の生活では会うことがないようなタイプの人も含まれていることになるでしょう。
利用者によって利用時間や目的はまちまちですが、仕事を通して様々な人と接する事ができ、話をする事ができるというのはタクシードライバーの大きな魅力の一つといえます。

丁寧な対応や運転を心がけていれば、こういった利用者の人から感謝の声を掛けられるということもあります。
そういった声によって、仕事を続けていこうという気持ちになることができるのが、タクシードライバーの魅力の一つと言えるでしょう。

タクシードライバーの魅力として、次に紹介するのは「土地に詳しくなることができる」という点についてです。
例えば東京のように複雑な街であれば、普通に生活をしているのではなかなかその道の接続や、どこに何があるのか、ということを正確に把握することはできません。
せいぜい公共交通機関からの距離などを把握している程度で、車を使っての移動に必要な知識までは持っていない場合が多いためです。

その点、タクシードライバーは毎日のようにその地域を車で走ることになります。
当然、否応なくその地域における地理に強くなっていきます、というより、そうならなければ仕事の効率が悪くなってしまいます。
こうした日常的な仕事を通して、街全体を知ることができるというのもタクシードライバーの魅力の一つでしょう。
場合によっては、街が変わっていく様をその目で見ることもできます。

やりがいの大きなポイント

それでは、タクシードライバーのやりがいについて、非常に大きなポイントを紹介します。
それは「歩合制」という仕組みで仕事が行われているという点についてです。
歩合制というのはつまり仕事をした割合に応じて給与が支払われる形式のことで、いわゆる通常のサラリーマンのように「月給いくら」と決まっている仕事ではないということです。

歩合制の場合、安定した収入を得ることは難しいものの、その反面で自分がいかに頑張って仕事をしたのかに応じて収入が得られるようになります。
自分の仕事へのスタイルに合わせて仕事の量を調整することもできるようになっているため、そのバロメーターとして給与が対応しているのは1つのメリットと言えるでしょう。
経験を積み、より多くの利用者を効率よく輸送できるようになれば、給与もそれにともなって向上していくことになります。