タクシードライバーに向いている人

タクシードライバー向きな人

運転だけではない適正

それでは、実際にタクシードライバーとして仕事を続けていく場合、どのような人が適しているのでしょうか。
ここでは、タクシードライバーに向いているのがどのような人であるのかについて紹介します。

タクシードライバーの仕事というのは、非常に多くの人と接することになる接客業です。
そのため、基本的な適性は接客業の適性に近いものとなります。
利用者一人ひとりに対して丁寧に対応をする必要があり、しっかりとコミュニケーションを取ることができなければなりません。
もしずさんな対応をしてしまうようなことがあれば、利用者から会社に対してクレームを付けられてしまう可能性もあります。

タクシードライバーは勤務がある日については一日のほとんどを運転して過ごすことになります。
そのため、運転さえ得意であれば良いというように勘違いされがちですが、どちらかというと適性として重要なのは「常に利用者と接していることができる」かどうかという点です。
場合によっては利用者の様子を見て、車内の空調を整えるなどのことをする必要もあります。

また、利用者の中には自分の目的地について正しく把握していない場合もあります。
その場合には、どこに行きたいのかについてしっかりと把握できるように質問をし、確定させる必要があります。
昨今ではタクシーにもカーナビが搭載されており、行き先がわかっているのであれば迷うということはありませんが、カーナビに登録するまでの行き先を確定させるために、主に自分が仕事をしている地域について詳しく知っていることは必要となります。

タクシードライバーの適性として、次に紹介するのは「1人でいる事ができる人」です。
これは前述の接客業としての特徴とは相反するように見えますが、タクシードライバーの仕事というのはほとんどが車内にいるもので、利用者がいないタイミングについては全く人と接することがない仕事でもあります。
そのため、この1人でいる時間について苦にならず過ごす事ができる人でなければ、仕事を続けていくことが難しくなってしまうでしょう。

性格的な適性

さらにタクシードライバーとして仕事をするにあたって、非常に重要な適性があります。
それは「ストレス耐性」がある人でなければならないということです。
どのような仕事でも勿論ストレスは発生するものですが、タクシードライバーの仕事は多くの場合隔勤という、一日15時間近い労働時間のある労働形式が取られています。

短い労働時間の場合に比べ、特にその日の後半に差し掛かるに連れて長時間勤務によるストレスが大きく高まることになります。
このストレスによって体調を崩してしまってタクシードライバーを続けられなくなってしまったり、ストレスによる運転ミスによって事故を起こしてしまい仕事を続けられなくなってしまったりする人も少なくありません。

また、前述の通りタクシードライバーの仕事は接客業でもあるため、中には「迷惑な客」というのも当然存在します。
特に夜間の利用者の中には、酔っ払ってタクシーを利用するような人も多く、こういった人に対しても丁寧な対応をしなければなりません。
高いストレス耐性を持っていることが、タクシードライバーの条件となるのはこういった理由です。