タクシードライバーの給与

お金

気になるタクシードライバーの賃金は?

タクシードライバーを就職先、転職先として考えるのであれば、やはり重要なポイントとなるのは賃金でしょう。
ここでは、タクシードライバーの賃金制度がどのようになっているのかについて紹介します。
タクシードライバーの賃金制度については、ベースとして「歩合制」が存在しており、これに会社によってまた違った賃金システムが付随している場合があります。

まず、よくある賃金制度の一つとして「基本給と歩合給のハイブリッド型」があります。
タクシー会社に所属して仕事をしていることによって、まずは基本給が支払われる形となっているものです。
そのため、タクシー利用者が少ない時期であっても最低限の収入が保証されるようになり、比較的安定した仕事をする事ができるようになるのがメリットです。
これに加えて仕事をした量に応じて収入が加わる歩合給が含まれることになるため、実力を活かすことも十分可能になります。

ただ、このタイプの賃金制度において問題となるのは、そもそも採用している会社がそれほど多くはないということです。
この賃金制度のことはA型賃金制度と呼ばれますが、新規に開業したタクシー会社の中でもA型賃金制度を採用しているところはあまりありません。

次の賃金制度となるのが、「完全歩合制」です。
A型賃金制度に対して、B型賃金制度と呼ばれるのがこの方式となります。
完全歩合制の場合、収入はその人がどれだけ仕事をすることができたのかによって決定されることになるため、完全に実力主義の世界となります。
どれだけ多くの利用者を取る事ができるのか、効率よく運搬することができるのかによって、収入が大きく左右されることになります。

実績がイコール収入に直結する形であるため、就職直後については収入が不安定になる場合が多いでしょう。
そのため、このタイプの会社に就職する場合は、少なくとも数カ月分は生活をしていくことができるような貯蓄を用意しておくことが重要になります。

そして最後の賃金制度となるのが、上記の2つの賃金制度のハイブリッドである「AB型賃金制度」です。
この賃金制度は採用されている率が高いものとなっています。
A型賃金制度の場合にはボーナスも事業所から支払われることになりますが、このスタイルの場合には歩合給によって得られた収入の一部がボーナスとして支払われる仕組みになります。

平均的な給与は?

それでは、実際のタクシードライバーの平均的な月給と年収はどの程度となるのでしょうか。
上記の通り歩合的な部分があるために一概に言うことは出来ませんが、統計によるとドライバーの平均月収は20万円で、平均年収は275万円前後となっています。
これはあくまでも基本給の部分であり、B型及びAB型賃金制度を採っている場合についてはこれに歩合給部分が含められることになります。

タクシードライバーの仕事は他の仕事にくらべて、比較的高齢な人であっても就職がし易いのが特徴の一つです。
そのため、元々は他の仕事をしており、定年後にタクシードライバーとしての仕事を始めるという人も少なくありません。