タクシードライバーの強盗対策

お巡りさん

タクシーの防犯の重要性

昨今、タクシーを巡る問題の中でも眠気や腰痛のようにドライバー自身の問題ではなく、外部的な問題が取りざたされるようになっています。
それが「タクシー強盗」の問題です。
タクシーというのは、基本的に密室の中にドライバーが一人いるだけで、他の人が存在しない空間です。

また、タクシーは入庫を行ってその日の収益金を会社に収めるまでは、その場にお金を持っています。
これらの理由から、タクシーは強盗が狙いやすい場所となってしまっているのが問題です。
それでは、タクシードライバーはどのようにしてタクシー強盗に対策を行う必要があるのでしょうか。

まず重要なのが、タクシー自体に防犯のシステムを付けるということです。
現在、タクシーの多くには車内向けのドライブレコーダーが設置されています。
これによって、もし強盗の被害にあった場合でも、その犯人の映像は記録されており、警察の捜査を助けることができるようになっています。

さらに、車内から通報を行うことができるようなボタンが設置されている場合もあります。
こういった車内装備による対策はドライバー本人が行うものではなく、タクシー会社側が行うことではありますが、タクシー強盗の予防に大きな効果を発揮していると言えるでしょう。

個人で使える防犯用具

また、タクシードライバーの中には、個人で使用することができる防犯用の道具を持っており、これを活用して強盗対策を行っている場合があります。
それでは、入手が簡単で個人で利用することができる防犯用具としてはどのようなものがあるでしょうか。

手軽に使えるものとして、催涙スプレーがあります。
唐辛子などに含まれているカプサイシンという成分を含んでいるもので、これを犯人の目に向かって噴霧することによって一時的に行動できなくするというものです。
完全に動きを制御することができるものではないため、あくまでもこの時間中に警察への通報を行うなど、緊急対処を行うための時間をかせぐ道具と考えるのが良いでしょう。

ただし、この催涙スプレーは臭いが残ってしまうものであるため、車内の清掃が必要になってしまうというデメリットがあります。
また、密室であるために噴霧の方向がズレると自分にも影響が出てしまうことになるため、使用方法については十分注意が必要です。

個人で使うことができる防犯用具としては、この他に護身用のスタンガンというものもあります。
こちらは催涙スプレー以上に行動を制御することができるもので、その間に車外にでて通報するような時間を十分稼ぐことができるでしょう。
ただし、運転席から後部座席の犯人に対して使用することが難しいというデメリットがあります。

これらの護身用の道具を利用するのはタクシー強盗対策として有用です。
ただし、相手が凶器を持っているような場合、強い抵抗をすることによってかえって身に危険が及んでしまう場合があります。
その場合、ドライブレコーダーなどによって後で犯人が捕まることを期待し、その場では強い抵抗を行わない方がかえって良い場合もあります。