タクシードライバーの服装

服

タクシードライバーに服装規定はある?

それでは次に、タクシードライバーの服装について紹介します。
実際にタクシーを利用したことがあるという方でも、どのような服装をしていたのか?ということまでは覚えていない方が多いのではないでしょうか。
他の職業のように特徴的な制服が用意されているということはなく、比較的自由であるのがタクシードライバーの服装規定の特徴となっています。

それでは、例えばどのような服装がタクシードライバーの服装となっているのでしょうか。
大手のタクシー会社では、服装について「清潔感がある服装」程度にしか規定をしておらず、そこまで細かい規定が行われていない場合も見られます。
多くの場合、こういった規定によってタクシードライバーは一般的なスーツやネクタイのビジネスマンスタイルで運転を行っています。

基本的に冷暖房のかかっている車内で活動することになるため、季節によってそこまで大幅な衣装の対応は必要ありません。
ただし、利用者から「暑苦しい」というように見られてしまうことがないように、夏場については自主的にクールビズを行っている場合もあります。
このあたりについては会社によっても規定がある場合もありますが、多くの場合はドライバーの自由に任せられている部分となっています。

服装を上手く利用する

タクシー運転手として成功をおさめるためには、実はこの服装というのは重要な要素の一つでもあります。
ここでポイントとなるのは、あえて少し乱した服装をする、というものです。
ぴっちりとスーツで決めるのではなく、例えばネクタイだけはカジュアルな印象を与えられるようなものにする、というようなずらし方をします。

こうすることによって発生するのが「セルフ・ハンディキャッピング」という効果です。
これは、服装がきっちりとしているドライバーと、多少崩しているドライバーの場合、利用者から見た時に後者の方が「良い運転をしている」と評価を得やすくなるというものです。
というのも、利用者自身がその服装を見て、期待値を少し下げていることがその理由です。

ただし、これは乱せば乱す程良いというわけではありません。
当然利用者に対して大きく不満を与えるような服装ではタクシー会社からも問題となってしまうことでしょう。
節度を守りつつ、適切な範囲で衣装を崩すことが重要になります。

もちろん、個人タクシー会社として自分で運営を行っているのであれば、服装についても完全に自由になります。
タクシー会社としての特色を出すために、他のタクシー会社では利用されないような服装を採用するのも1つの方法となるでしょう。