帝都自動車交通

運転席

長い歴史の帝都自動車交通

代表的なタクシー会社として次に紹介するのは、帝都自動車交通についてです。
帝都自動車交通は1938年から活動を続けている会社であり、非常に長い歴史を持っています。
1938年といえばまだ本格的に戦争になる以前であり、当然車が一般的なものとなっている時代でもありませんでした。

この当時の帝都自動車交通では、営業車が36台、従業員が89名と、それほど大規模な会社ではありませんでした。
その後、営業を続ける中でいくつかの会社を吸収し、少しずつその範囲を拡大していきます。
こういった活動によって地道に活動の範囲を広げ、現在のように巨大なグループの一つとなりました。

現在では従業員が1800名、ハイヤーが430台、タクシーが490台所属しています。
主に仕事を行っているのは東京都の23区内と、武蔵野市と三鷹市の3つのエリアとなります。
タクシーやハイヤーの運行業だけではなく、自動車運行に関する代理業務や自動車整備、不動産賃貸業務なども行っている、総合的な会社として知られるようになりました。

帝都自動車交通での取り組み

それでは、帝都自動車交通においてはどのような取り組みが行われているのでしょうか。
帝都自動車交通では安全のための取り組みとして、安全教育への注力を行っています。
ドライバーを対象にした安全講習指導は徹底的に行われるようになっており、利用者の命を預かっている重大な仕事であることを一人ひとりが意識して仕事できるような環境が作られています。

さらに、整備に関する指導についても強みがあるのが特徴です。
一人ひとりのドライバーが車に発生するトラブルについて知り、それに対処できるように安全指導を受けています。

この他にも、運転中に発生する状況に対してピンポイントに取り上げて行うピンポイント講習会と言うものも行われています。
交差点の進入や、高速道路の走行など、一つ一つの事例にあわせた安全講習です。